震災が発生した場合の本校の対応        

平成23年3月11日には,東北地方太平洋沖地震が発生し,大きな被害をもたらしました。
東京にもかなりの影響があったため,しっかりと記憶に残っています。
まだ,十分な復興がなされていないのは残念に思います。
平成28年には,熊本地震や鳥取地震など,思わぬ所で大きな地震が発生し,大きな被害を
もたらしています。
こうした様々な被害に対し,一日も早い復興を祈っています。

しかし,地震の発生は決して人ごとではありません。
東京にも,いつ発生するか分からない地震。私たちも,いつ地震の被害に遭ってもよいような
準備をしておかなければならないと思っています。



大規模な地震(震度5弱を超えるの地震)が起こった場合,本校では原則として下記のような対応をいたします。
ご家庭でも様々な打ち合わせを,お子さんを含め,しておいていただけますようお願いいたします。

震度5弱を超える地震が発生した場合は,引き渡しによる下校を実施いたします。
電話連絡,緊急メール配信などは可能な限り行いますが
電話連絡等が不通になることが考えられます。
さらに,連絡をしている時間がないこともあります。そのため,
連絡するしないにかかわらず,
発生した地震が震度5弱を超えるものであった場合には,
無条件で引き渡し下校
を行いますので,ご理解・ご協力をお願いいたします。


@ 登下校時に大規模地震が発生した場合
登下校時の場合,現在校内にいる児童について安全を確認した上で保護いたします。
登下校中(路上)の児童については,家に戻るのか学校に来るのかということを,お子さんと確認しておいてください。
お子さんが登下校中(路上)の場合,学校ではその所在を確認することが出来ません。
お子さん自身で,どこに行くのが安全かという判断が必要です。
そのため,場面に応じてどうすればよいのかを,ご家庭で話し合っておいてください。


A 在校中に大規模地震が発生した場合
引き取りがあるまで何時間でも,児童は学校でお預かりします。一人ではもちろん,数人であっても下校させることはいたしません。
引き渡しは,届け出のあった方にのみに対して行います。近所の方が親切心で引き取られることを申し出られても,学校では引き渡しはいたしません。
届け出に名前のない方には引き渡しはしないことが原則です。ご承知おきください。


B 警戒宣言が発令された場合
この場合,発令時点では,まだ地震が起こってはいません。
区市の緊急放送やテレビ・ラジオ等からの情報などで発令をお知りいただき,そこから本校に向かっていただかなくてはなりません。
本校では,引き取りがあるまで何時間でもお子様をお預かりします。引き取り人名簿に記載されている方以外に,引き渡しをしないことは,上記Aと同様です。


比較的安全を確認できる地震の場合は,複数下校,集団下校等の対応を臨機応変に行います。
学校での対応に関する連絡は,状況に応じて本校HPトップページ,電話連絡網,登録メール配信等で行います。
ただし,回線等の事情で,すべての手段が不通になる場合もあることをあらかじめご理解ください。


学童保育に関するお問い合わせは,市役所の子育て支援課までお問い合わせください。
連絡を取り合い連携は図られていますが,違う組織のため,学校ではわからないことが多くあります。

        市役所子育て支援課 電話:042−470−7736